ラズパイ上のUbuntuにDokcer一式をインストール

2019年12月25日 Yasu

社内で使用しているちょっとした軽量サービスやウェブアプリを、できるだけRaspberry Pi 4上で走らせて省エネサーバーとして利用したいというのが事の始まり。なにはともあれDockerとdocker-composeのインストールが必要なので、その手順をメモしておきます。

現在の環境

  • OS Ubuntu 18.04.3

Docker CEをリポジトリからインストール

Docker自体のインストールは至極かんたんというか、公式でarm64版が用意されているので、ドキュメントに従ってインストールします。

インストール手順を一応書いておきます。

1. パッケージインデックスを最新に更新

$ sudo apt-get update

2. HTTP経由でパッケージをインストールするための準備

$ sudo apt-get install \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    gnupg-agent \
    software-properties-common

3. DockerのオフィシャルGPGキーを登録

$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

4. arm64版のレポジトリを追加

$ sudo add-apt-repository \
   "deb [arch=arm64] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"

5. Dockerエンジンのコミュニティ版をインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io

6. 正しくインストールされたか検証

$ sudo docker run hello-world

7. 一般ユーザでもdockerを使えるようにする

毎回sudoつけるのも面倒なので、ubuntuアカウントでも使えるように/etc/groupdockerubuntuを追加します。

$ sudo gpasswd -a ubuntu docker

すぐには反映されないので、ログインし直します。

docker-composeのインストール

残念ながら公式でものレポジトリではdocker-composeのarm64版が用意されていないので、ドキュメントにしたがって、python3pipを使ってソースからビルドする必要があります。まずはpython3一式をインストールします。

$ sudo apt-get install python3-pip

またコンパイル時にlibffi-devというライブラリが必要となるので先にインストールします。

$ sudo apt-get install libffi-dev

準備が整ったのでdocker-composeをインストールします。

$ sudo pip3 install -U docker-compose

以上で完了です。

相場のお問い合わせはお電話・メール・LINEにてお気軽にどうぞ!
 tel:0120-41-1578
 email:info@officeiko.co.jp
 LINE ID:@oue6072d